当日の対応で借りたいキャッシングならやっぱりプロミス

当日の対応で借りたいキャッシングならやっぱりプロミス

早くに借りるならプロミスで決まり

現金を早めに用立てたい場合には、最短で当日中に融資を実行してくれる消費者金融大手のプロミスがおすすめです。プロミスはインターネットで24時間申し込みを受け付けており、審査が行われている回答可能時間内であれば最短30分の審査結果連絡ととにかくスピーディです。

 

審査結果の連絡もネットでの申し込みならメールとなる場合が多く、何らかの確認事項等があれば電話での審査結果の連絡となりますが、メールであれば審査結果の連絡に関しては対応をする必要がないため、プロミスの申し込みはネットで進めておくのが良いです。

 

在籍確認時、本人確認時にはどうしても電話はかかってきてしまいますが、審査結果の連絡やその他では多くは電話はかかってこないので、プロミスは申し込みから契約までほとんどの手続きをWeb上で進められる、完結できるのも大きな利点です。

 

プロミスで当日借りる

 

Web契約での振り込み融資の借り入れ

審査完了後のプロミスの手続きは、そのままWeb上で来店不要の契約も可能です。Web契約であれば店舗や契約機に行く必要がないので、誰にも会わずに見られずにカードローンの契約が行え、銀行振り込みでの借り入れでカード到着前に素早く借りられるので便利です。

 

ただ、Web契約での銀行振り込みでの借り入れは、申し込み当日に利用をするのは14時までの手続き完了が条件となります。時間外となると翌営業日の振り込み扱いとなってしまい、例えば月曜日から木曜日までで週の中に祝日などの休業日がなければ翌日の振り込みとなりますが、金曜日に時間を過ぎてしまうなどとなると借りるのは早くても週明けの月曜日です。

 

週末にお金が必要だからプロミスに申し込みをした場合には、借りられるのが月曜日では意味がありません。来店不要でパソコンやスマホでの手続きが可能となるWeb契約はたしかに便利ではあるのですが、その代わりに当日中に借りるための条件やハードルが厳しくなり、場合によっては希望通りに利用ができない可能性もあるので注意が必要です。

 

時間外に今日中に借りる場合

振り込みで対応ができる時間を過ぎてしまった場合でも、プロミスの最短即日キャッシングが利用できないわけではありません。手続きの方法を変えればその日のうちにすぐにでもお金が借りられ、さらには土曜日や日曜日といった振り込み融資では対応ができない曜日であっても借りることも可能です。

 

プロミス自体は土日が休業となるわけではなく、審査にしても契約にしても平日も土日も年末年始などを除くとほぼ毎日対応をしています。Web契約自体も週末の土日でも行えるのですが、振り込み先となる金融機関が休みとなるとプロミス側ではどうにもならないため、着金が週明けの翌営業日となってしまうだけです。

 

実際に各地に多く設置があるプロミスの契約機は、土日でも平日同様に営業をしているところが多いです。直接、担当者に相談が行えるサービスプラザとなると土曜や日曜、夕方や夜間は閉まってしまいますが、無人の自動契約機は長いところであれば22時まで営業をしています。

 

プロミスの審査回答時間は21時までとなっているため、21時までにネットで申し込みをして仮審査を終えておけば、21時から22時までの間でもその日のうちのプロミスでの即日契約も可能です。各種確認を終え、その場で契約が終えられればカードの発行、ATMでの借り入れも可能となるため、週末でもプロミスは最短即日で利用が可能となっています。

 

契約機の設置場所や設置数は消費者金融の中でも多いのがプロミスの特徴で、三井住友銀行のローン契約機を利用した手続きも可能となることで、三井住友銀行の店舗が多い首都圏ではプロミスの契約が行える契約コーナーの総設置台数は非常に多くなります。

 

一箇所の契約機が使用中であっても別の近くの契約機での手続きも進められるので、首都圏にお住まいの方はプロミス渋谷での契約を考えるなど、多く設置のある無人の自動契約機を利用するプロミスの契約、カード発行を考えてみると良いでしょう。

 

時間内の手続きももちろん可能

プロミスの契約機を利用する手続きは、振り込み融資の時間外だけでなく時間内でももちろん対応が可能です。銀行振り込みで通帳にプロミスからの入金履歴が残るのはまずい、家族に通帳を見られて借り入れがばれる可能性があるかもしれないと感じられる場合には、契約機まで足を運ぶ手間はかかりますがネット申し込み後に利用をすると良いでしょう。

 

カードを受け取って備え付けのプロミスATMか三井住友銀行のATMでのカード利用なら手数料はかからず、コンビニや金融機関の提携ATMとなると1万円以下で100円と消費税、1万円超で200円と消費税の手数料負担がありますが、素早く便利に借りられます。

 

また、契約機でカードをその場で直接受け取る方法なら、郵送物がなくなるといった大きなメリットもあります。Web契約は来店不要となるのでカードが数日後に自宅に本人宛に送られてしまいますが、契約機ならそのようなことはありません。

 

プロミスからの郵送物は「パルセンター」名で届けられ、本人の受け取りに限定がされる郵便とはなるものの、郵送物で家族バレとなるケースは決して少なくはありません。家族に内緒で、知られずに秘密にしたままでプロミスのキャッシングを利用したいなら、平日の昼間でも契約機の利用を考えてみるだけの価値があります。

 

早い借り入れも返済には注意

早くに手軽に便利に借りられるプロミスも、返済はよく考えて利用をしなければなりません。余計に借りるような使い方、無駄遣いでの限度額一杯での借り入れなどは毎月の返済が重くなる可能性があり、収入に対する約定返済金額が大きくなりすぎれば期日からの遅れや、不足での入金に繋がりかねません。

 

余裕のある返済で利用をするのがプロミスにおけるコツと言えるので、借りる金額に対する返済は利用前にシミュレーションを行う、相談をするなどで確認をするようにしてください。

 

プロミスは契約機のほかに店舗の設置もあるので、はじめて借りる方、カードローン初心者の方で返済に関してよく分からない場合には、一度来店をして話を聞いてみるのも良いでしょう。

 

店舗は契約機のように日本全国の設置とはいきませんが、東京都や大阪府だけでなくプロミス福岡市博多区にもあるため、九州地方の方でも店舗での相談や各種手続きが行えます。

 

店舗であれば困ったときにも詳しい話が聞けるようになるので、不安を抱えたまま借りて後々でトラブルになるぐらいなら、しっかりと相談をして納得をして、理解をしてから借りるようにすると良いです。

 

返済で困ってしまうとどうなるか

プロミスに限らずですが、借りたお金がきちんと期日通りに返せないとなると遅延損害金が発生することとなります。通常の借り入れ金利よりも高い利率となり、年率で20.0%もの高い金利が日割りで発生してしまいます。

 

プロミスの通常の金利は上限でも年17.8%となるので、比べてみるとどれだけ高いかが分かります。また、返済に遅れることで信用を落としてしまい、その結果として将来的な限度額の増額審査に通りにくくなったり、限度額が減額されるなどの可能性もあります。

 

さらに長期の返済の滞納となると「異動」とされる情報が信用情報機関のシー・アイ・シー(CIC)に一定期間保有されてしまい、今後のプロミス以外の審査、保証会社の審査にも大きな悪影響を与えるようになります。

 

異動などの簡単に言えばブラックな情報は完済から5年を超えない期間に渡って残り続けるので、一度でも付いてしまうと長い期間に渡って大きな不利を背負うこととなります。そうならないためにも、プロミスでの返済は無理のないスケジュールやプランで行えるようにしなければなりません。

 

ブラックとなる事故情報の記録がなくても返済に遅れれば催促の電話連絡や通知が届くようになり、それでも支払いに応じなければ督促状や訴状、裁判、差し押さえといった強制執行に発展する場合もあります。そこまでいくとさすがに問題が大きくなりすぎるので、計画的な収入に対して無理のない範囲での借り入れに留めることが、プロミス利用における基本と言えます。

MENU